So-net無料ブログ作成

遠野なぎこ離婚!再婚から55日。 [芸能 ニュース]

女優の遠野なぎこさんが、再婚からわずか55日離婚した ことを自身のブログで発表しました。
5月5日にバー経営の39歳男性と再婚して、喜びの表情を見せていましたが
ビックリするほどのスピード離婚となりました。

遠野なぎこ.png
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140630-00000309-oric-ent.view-000

遠野さん2009年の5月に2歳年下の会社員と結婚しましたが、2カ月後に離婚しており
前回を上回る短期間での離婚となりました。



相手は奥手の方のようで、結婚当時から心配する声が上がっていたようですが
早い段階でそれが現実となってしまいました。



5月9日にはフジテレビ「ノンストップ」に出演し、婚姻届を提出する様子を
VTRで放送し、終始手をつないでいる様子をゲストの坂上忍から「気持ち悪い」
とも言われていました。


しかし、早いですね~。期待を裏切らないというか(失礼)



同居ではなくお互いが近くで生活する別居婚というちょっと不可解なスタイル
でしたが、それでもお互いが負担になったようです。

詳しいことまでは語られていませんが、これだけ早い段階で発表するということは
よっぽどということでしょうか...。


ちょっといくらなんでも早過ぎるので、もうちょっと発表するのは後にしよう
とは思わなかったんですね...。


ただ遠野なぎこさんは恋人同士の関係に戻ってもう一度お互いを思いやる心を
鍛え直さなければと話し合っていると綴っておりまだ関係性は残るようです。


言ってることはわかったようでわからないような内容ですが...。


心が休まらない日々が続いて負担が増し、平穏な夫婦生活が保てなくなった
とも言っていますが、


この短期間でそこまでのことになり、離婚までに発展してしてしまっているので、
正直前途多難なのでは...と思ってしまいますが。

これからまた大変ですが、ぜひ本業の女優業を頑張ってください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

オールスターゲーム 2014 ファン投票の結果 [スポーツ ニュース]

マツダオールスターゲーム2014ファン投票結果が27日に発表され、 セリーグは広島からなんと8人が選出されました


先発投手部門は広島のマエケンこと前田健太投手で同僚でもある
ルーキー大瀬良大地投手を逆転して4度目のオールスターゲーム選出
となりました。


11人中8人が広島の選手で、他チームの選手はキャッチャー阿部慎之介(巨人)、
ショート鳥谷敬(阪神)、外野手部門でバレンティン(ヤクルト)の3人です。


最多得票はパ・リーグの糸井嘉男外野手(オリックス)で48万7246票を
獲得しました。

まあ糸井選手は前所属球団の日ハムファンからの投票もあるのでわかりますが。


昔から組織票なんかで偏りが出るケースが多いので、一概にペナントレースの成績通り
というわけではないですが。

最近はヤクルトおばさんの組織票とかはないんでしょうか...。
以前ほどの勢いがないといううことですかね。


中日、DeNA、ロッテからは1人も選ばれませんでした。
寂しい限りです...。


パ・リーグの投手部門はオリックスの西勇輝投手でファン投票での選出は初めてで、
2度めのオールスタゲームとなりました。


選手間投票の結果は30日に発表され、7月3日に監督推薦を含む
全選手が発表される予定です。


第1戦は7月18日に西武ドームで行われ、第2戦は19日に甲子園球場で行われます。


なお、パ・リーグの監督は本来は前年優勝の楽天星野監督が務める予定でしたが、
まだリハビリ中で復帰は難しいようです。


マツダオールスタゲーム2014ファン投票の結果


【セ・リーグ】※数字はファン投票選抜回数、カッコ内は選抜回数

・先発投手 前田健太(広島)4(4)

・中継投手 一岡竜司(広島)1(1)

・抑え投手 ミコライオ(広島)1(1)

・捕手 阿部慎之助(巨人)7(11)

・一塁手 キラ(広島)1(1)

・二塁手 菊池涼介(広島)1(1)

・三塁手 堂林翔太(広島)1(3)

・遊撃手 鳥谷敬(阪神)5(5)

・外野手 丸佳浩(広島)2(2)

     エルドレッド(広島)1(1)

     バレンティン(ヤクルト)2(4)

【パ・リーグ】

・先発投手 西勇輝 (オリックス)1(2)

・中継投手 佐藤達也(オリックス)1(2)

・抑え投手 平野佳寿(オリックス)3(6)

・捕手 嶋基宏(楽天)3(6)

・一塁手 中村剛也(西武)4(6)

・二塁手 浅村栄斗(西武)1(2)

・三塁手 松田宣浩(ソフトバンク)4(4)

・遊撃手 今宮健太(ソフトバンク)1(1)

・外野手 糸井嘉男(オリックス)3(6)

     中田翔(日本ハム)4(4)

     陽岱鋼(日本ハム)2(3)

・指名打者 ペーニャ(オリックス)1(2)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

LinQ瑞稀もえの契約解除の理由は? [芸能 アイドル]

福岡のアイドルグループ「LinQ(リンク」の瑞稀もえさん(17) が所属事務所から契約を解除されました。




理由は「契約履行に反する事由が確認された為」だとしています。
具体的に何があったのかはまだわかっていませんが。


瑞稀もえさん自身もブログで契約解除という形でやめることになりました...
と綴っています。


LinQと瑞稀もえさんのオフィシャルブログを見る限りでは、
双方とも納得の上での契約解除という印象です。

瑞稀もえさんはさばさばした感じさえ受けました。


おそらくいきなりの解除ではなく話し合いの結果でこうなったんでしょね...。
瑞稀さんのブログにも「自分の選んだ道です。後悔はしていません。」
と語られていますので。


契約履行に反する事由というのがとても気になりますが、
LinQの運営会社ジョブネットはその違反事由に関して瑞稀さんと保護者に
説得を試みたが、出来なかったということですかね?

まあ、そのうち分かることだと思いますが。


瑞稀もえさんはLinQの中では人気メンバーだったので惜しむファンも
多いと思います。



卒業公演等のあいさつの予定はないのでファンにとっては突然いなくなった
という形になってしまいました。



瑞稀さんは2012年2月にLinQに加わり、2013年4月にグループとして
メジャーデビューしました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

携帯電話税を自民党が検討。 [政治 ニュース]


自民党有志で携帯電話への課税を検討する議員連盟「携帯電話問題懇話会」は、 携帯電話の保有者に向けた設立総会を6月18日に開いています。


この議員連盟の会長は中山泰秀衆院議員で、野田毅自民党税制会長を含む
15人の国会議員が集まりました。




携帯電話税」について中山衆院議員は、ヨーロッパではパソコン1台1台に課税する
例もあり検討課題であると述べています。



課税の目的・用途については、財源の確保と青少年の安全対策の予算確保ということ
ですが...。

004.png

この話が出てから当然ネット上では反対や批判の声が上がっています。



携帯電話の普及率は9割を遥かに超えて今やなくてはならない存在になっており、
どういう形であれ課税対象として考えるのは不思議ではありませんが...。



っていうか、パソコン1台1台に課税している国もあるので携帯にもと言うのであれば
なぜパソコンではなく携帯から検討するんでしょうか...。




例えがおかしいような気がしますが違いますかね。
パソコンだって約75%の普及率です。




パソコンよりも携帯の方が普及率から考えても課税となれば、税収は上ですし、
LINEやその他のSNS関連のトラブルで未成年が関わる犯罪が多発しているので、
携帯にといことになるんでしょうけど。




それが先述した「財源の確保と青少年の安全対策の予算確保」という
大義名分なんですが。




携帯といってもスマホのヘビーユーザーからガラケーは持っているものの
殆ど使用していないおじいちゃんやおばあちゃんもいます。




どうやって課税するのでしょうか?
よく言われる消費税との2重課税になりますね。




使用料金に応じてなのか、一律いくらなのか、はたまたスマホ限定になるのか
よくわかりませんが、先日出てきたパチンコ税同様すぐに結論がでる感じでは
ないので、しばらくは様子見といったところでしょうか...。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

海街diaryのキャストはオーディション? [芸能 ニュース]

吉田秋生さん原作の人気コミック「海街diary」が是枝裕和監督の下 映画化されますが、そのキャストが23日に発表されました。

鎌倉を舞台に繰り広げられる4姉妹のキャストは、綾瀬はるかさん、長澤まさみさん、
夏帆さん、広瀬すずさんの4人です。


4女役の広瀬すずさんだけは、オーディションで決まったそうですが
満場一致だったそうです。

すずという名前が同じなのは偶然だそうです。



「海街diary」はこれまで250万部の発行部数を誇る人気コミックで、

月刊フラワーズ」に連載中です。


海街鎌倉を舞台に4姉妹が繰り広げる物語です。


祖母の残した家で3人姉妹で暮らしていた生活の中に、
家庭を残して出て行った父親の遺した異母妹の4女すずが舞い込んでくることで4姉妹となり、
その微妙な関係から始まる人間ドラマです。


綾瀬はるかさんが長女役を務めますが、是枝裕和監督は綾瀬さんは
今までの作品から見ると自由奔放な次女が適役かも知れないが、

別の1面を引き出したいという思いで「海街diary」の長女役に抜擢したそうです。


立ち稽古では見事に長女役を演じ、違った側面を見ることができたそうで
今から映画が楽しみですね。


基本的には長女の綾瀬さんと次女の長澤まさみさんとの掛け合いが
先導する形で、物語が展開されていく感じだそうです。


監督は理想的な4姉妹になったと言っています。


まだ撮影はこれからですが、大ヒットの予感はしますね...。



映画の公開は来年2015年初夏だそうです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

仁科仁美 熱愛!相手は年商150億社長。 [芸能 ニュース]

女優仁科仁美さんが年商150億円の飲食チェーンの社長と の熱愛報道に関して、交際を認めました。

6月19日発売の女性セブンで今月半ばに六本木で手をつないで
歩いていたことが報道され、


相手は居酒屋チェーンを展開する株式会社エー・ピーカンパニー社長・米山久氏(43)さん
であることがわかりました。


仁科仁美さんは6月22日放送のTBS「 サンデー・ジャポン」の
電話取材に対して、いいお付き合いをさせていただいています...
と交際を認めました。


報道によると、交際が始まったのは半年程前だそうです。

お似合いのカップルって感じがしますね...。


お相手の米山さんは現在新居を建築中で、現在一人暮らしの
仁科亜季子さんとの二世帯住宅では...と報じられたことについては否定していました。


まあ、有名なので言うまでもないかもしれませんが、
仁科仁美さんの父親は松方弘樹さんです


仁科さんは2002年にロッテのCMでデビューし、その後JOMOや
トリンプのイメージガールを務めました。


2008年には母亜希子さんと競演した
映画「ヒカリサス海、ボクノ船」ではヌードを披露して
話題になりましたね。


真剣な交際で、米山さんのことを尊敬しているとも語っており
結婚は秒読みなんじゃないでしょうかね
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

奥洞千捺は高山出身なの? [芸能 アイドル]

AKB48新チームであるチーム8岐阜県代表奥洞千捺(おくぼらちなつ)さんが グループを卒業することが公式ホームページで発表されました。


あまり奥洞千捺さんのことを知らなかったので検索すると、高山日枝という文字が
出てきていましたので高山県の出身なのかなあと思った次第です。



AKB48チーム8のの公式ホームページには、出身地は岐阜県とあるだけです。



日枝は高山に有名な日枝神社がありますのでそのことを指しているのかと
推測しましたが...。


だとすると岐阜県代表と言っても岐阜県は広いので、まだ交通の便が良い
東海道本線が通っている岐阜市などの西濃地方であればいいんですが、


高山となると通うのが大変だと思いますね...。

あくまで推測ですが...。


それはさておきチーム8はトヨタ自動車とのタイアップ企画で、
これまでのAKB48の「会いにいけるアイドル」とは反対に


会いに行くアイドル」として4月3日にオーディションを経て
お披露目されました。


なのでまだ2ヶ月ちょっとでの卒業になります。
学業とチームでの活動の両立が困難になっているのが理由です。


せっかくのチャンスなので本人も非常に悩んだ結果だと思います。


1998年9月10日生まれの15歳ということなので高校1年生ですね...。
今回残念でしたがまだいくつもチャンスがあると思いますので
これからも頑張ってください。


今回の奥洞千捺さんの卒業で、急遽チーム8では岐阜県代表の新メンバーの
オーディションを行うそうです。


10月にはトヨタ自動車のキャンペーンがあり、なんとかそこまでに間に合わせる
必要があるため忙しい日々になりそうです。

詳しくは公式ホームページをご覧ください。
http://toyota-team8.jp/news/list/20140618-01.php

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

木村優子アナは結婚してる?独身? [社会 ニュース]

今出向で話題の日本テレビ木村優子アナ(アナウンス部部長)ですが、 ”女帝”として絶大な権力を持っていたと報道されてましたね...。 報道を見ていくと、木村優子アナは結婚してるのか?独身では? という疑問が浮かびました。 結論は結婚しておらず未婚です。バツもありません


木村優子アナは局内では”キムコ”と呼ばれているそうです。
ウィキペディアには”愛称”となっていましたが、影でそう呼ばれているそうなので
ちょっとニュアンスが違うかとおもいますが...。



彼女は局アナのタレント化に危惧を抱いており、番組内で局アナが本業以外で
出演することに眉をひそめていたそうです。


非常にプロ意識の強い方で、アナウンス部部長として局アナの起用には
厳しい目で対峙していたようです。



局アナのタレント化といっても出てくる話は全て女子アナのことであり、
男性アナは話題にはなっていません。



一部報道では水卜麻美アナの件が原因ではないかと言われています。
まあいろんな憶測が飛び交っていますが、今回の異動は木村優子アナの
これまでのキャリアを見る限りは、左遷と言っていいかもしれません。 


しかし、日テレのアナウンス部長が1アナウンサーのことだけで、
左遷になるとは考えられないので、これまでのいろんな流れから
こうなったんだろうとは思いますが...。



木村優子アナがアナウンス部部長になってから西尾由佳理アナや夏目三久アナ、
山本舞衣子アナ、宮崎宣子アナなどの若手人気アナが退社し人材難になっていることが
原因ではとの憶測もありますが定かではありません。



まあ、女帝と言われるぐらいなので周囲はかなりご機嫌をそこねないように、
神経を使ってたんでしょうね...。


女子アナのタレント化について言えば、おそらく木村優子アナの世代ぐらいから
始まったみたいですね...。


日テレではなくフジですが...。


その時も苦々しい思いで見ていたのではと想像します。


あくまでこれも想像ですが、おっしゃっていることは正論なんだと思います。
こういう方はホントは必要なんですが...。

力が強くなりすぎてしまったんでしょうかね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

サッカー オランダ代表の戦績は... [スポーツ ニュース]

ワールドカップブラジル大会オランダ代表が 前回覇者スペイン代表から屈辱的とも言える5点を奪い、 5対1で大勝しました。 

205.jpg
http://www.spnavi2014.com/team/205より引用

これでオランダ代表は2010年南アフリカ大会の決勝で、
延長の末0対1で敗れた雪辱を果たしました。



またスペイン代表がW杯で5失点以上したのは

1950年大会にブラジルに1対6で敗れて以来という
歴史的大敗となってしまいました。



今回それ程前評判は高くなかったオランダ代表でしたが、
それを覆しました。



それにしてもスペインから5点も取るということは
誰も予想はできないですね...。

だから歴史的大敗と言われ大きなニュースとなるんでしょうけど...。



今回のスペイン戦では、オランダ伝統の攻撃型の戦術ではなく、
5-3-2の布陣で試合に臨みました。



今年3月に豊富な運動量を誇るMFストローマンがケガで離脱したこともあり、
ファンハール監督がこれまでの4-3-3の戦い方から大会直前に5バックに
作戦変更したことが見事に功を奏しましたね...。



ボールを中盤で相手に支配させるが、5バックの布陣で攻め込みを許さず
ボールを奪うと前線に放り込みカウンターを仕掛けるという流れです。



前半27分にPKで先制したのはスペインでしたが、
同44分にファンペルシーのヘッドで追いつき、


後半8分にロッベンの左足が炸裂して勝ち越しましたが、
そこからはオランダの独壇場となりました。


スペインも以前と違うオランダの戦術に戸惑ったことは事実でしょうが、
それにしても面白いようにカウンターが決まりました。


最後の方は集中力も切れてた感じでしたね...。


オランダはこの勢いで、スペインは気持ちを切り替えて
また頑張って欲しいですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

永谷脩さんが死去...死因は急性白血病。 [スポーツ ニュース]

スポーツライター永谷脩さんが6月12日急性白血病のため、 神奈川県の病院で亡くなりました。68歳でした。


永谷脩さんは主にプロ野球の執筆が多く、その著書は王貞治氏、イチロー選手、
江川卓氏、野村克也氏など数え切れないほど多く有ります。



ターゲットに深く入り込む作品に特徴があり、読者を引き付ける
魅力がありました。



『週刊ポスト』では2013年の5月から「白球水滸伝」を連載しており、
入院中も休まずに執筆を続け、
最後までその意欲は衰えていなかったそうです。


6月12日発売の原監督の父、貢さんについての執筆が最後となったそうです。



私もプロ野球が好きなので永谷さん執筆の記事を以前に
NUMBERなどの雑誌で読みましたが、



対象となる人物の心情や背景など深く踏みこまれた描写で、
没頭して読み込んでいました。



永谷脩さんは、青山学院大学を卒業後「少年サンデー」編集部に
勤務した後、スポーツライターとしての活動を開始しました。



雑誌へ寄稿や自著の出版のほかコメンテーターとしても
活躍していました。



プロ野球界に幅広い人脈を持ち、スポーツライターとしては
数少ない実力者だっただけに残念です。


永谷脩さんのご冥福をお祈りします。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
太陽光発電

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。